ファクタリング会社を比較

中小企業の経営者にとって事業を展開していく上では常に一定レベルの現金需要が存在します。
従業員の人件費や原材料費・営業費用などが代表的ですが、売り上げがあっても入金されるまでの間に期間が存在します。
企業間取引では概ね2月から1年以内の期間ですが、その間に資金を捻出するのに支障をきたすと事業存続の危機に直面するでしょう。

安心安全のファクタリングの比較について親身になってアドバイスいたします。

売り上げがあり財務状況も良好そうにみえて倒産する黒字倒産が典型的ですが、このような場面で活用したいのがファクタリングです。ファクタリングとは企業間取引において保有している売掛債権を、支払期日前に譲渡(売買)して対価の現金を得る取引のことです。

保証人や担保なども立てる必要はなく、融資に比較しても審査に通過しやすく新たな現金調達手段として利用実績が増加しています。ファクタリングをどの会社に依頼するべきか、比較するべきポイントは3点あります。それは償還請求権の有無と債権譲渡登記の有無です。
償還請求権とは取引先が倒産したときに買いもどす保証責任を負うことです。
償還請求権がついているのは、実質債権担保などの利用しないのが賢明です。


さらに取引先などにファクタリングを利用している事実を知られたくないなら、債権譲渡登記はしない契約のほうが無難といえます。
仮に2社間取引を選択しても債権譲渡登記をすると、法務局でだれでも確認することができます。



これでは第三者に筒抜けになるので、ファクタリング会社の契約書を比較して自分のニーズに合致しているか確認しておくことをおすすめします。