2社間と3社間のファクタリングを比較するならば

売掛債権の譲渡契約であるファクタリングには現金化までの時間が早く、大口の資金調達も可能でキャッシュフローの改善にも貢献するなど様々なメリットがあります。銀行に融資を申し込むと審査に1か月から2か月ほどかかりますが、ファクタリングならば早ければ即日で現金化できます。

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類があり、それぞれ異なるメリットが存在するので比較検討して最適な方を選ぶとよいでしょう。
2社間取引は売掛先企業が関与しないので事情を知られる心配がなく、素早く現金化が可能ですが手数料は高めです。

ファクタリングの比較を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

3社間取引は売掛先に事情を知られ手続きに多少の時間がかかるものの、審査が比較的緩やかで手数料も安いという特徴があります。
売掛先企業に債権譲渡の事実を知らせると、力関係の弱い中小企業や零細企業では取引停止や発注減などのリスクが存在します。



取引先が売掛債権の譲渡を一般的な資金調達方法であると理解している場合には問題ありませんが、取引停止などのリスクがあるとサービスを利用しにくくなります。



2社間取引ならば売掛先企業が関与せず、事情を知られる心配がないので気兼ねなくサービスを利用できます。
ただし2社間取引は貸し倒れリスクが高いため、手数料が3社間取引と比較して高く設定されています。3社間取引では売掛先企業への通知だけでなく承諾書が必要になるため、2社間取引と比較して契約内容の確認や決済などに時間がかかります。

手数料が高くても構わないので即日で現金化したい場合には、2社間取引を選ぶとよいでしょう。

時間がかかってもよいので、なるべく手数料を抑えて現金化したい場合は3社間取引がおすすめです。