ファクタリング方法の比較について

main-img

ファクタリングは売掛債権を譲渡して資金調達を行う方法ですが、2社間で行うものと3社間で行うものが存在します。

両者にはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあるので、比較検討した上で最適なものを選ぶとよいでしょう。

ファクタリングの比較に関するアドバイスです。

ファクタリングでは手数料が必要になり、一般的に2社間よりも3社間の方が安くなります。

さらにファクタリング会社によっても具体的な手数料の設定は異なるので、2社間か3社間かだけでなく各社の手数料設定やサービス内容についても比較検討が必要です。



サービスを提供する会社はファクターと呼ばれており、利用する会社は納入企業と呼ばれます。
2社間取引で手続きに関与するのは納入企業とファクターだけです。一般的には3社間取引が基本であり納入企業とファクターの他に、売掛先であるクライアントが関与します。


3社間で取引を行う場合にはクライアントの同意が必要になるため、資金調達の事実を知られてしまうだけでなく手続きに時間がかかります。



クライアントに資金調達の事実を知られると、取引を止められたり発注量が減らされる可能性があるので注意が必要です。

手数料を比較すると3社間は債権額の1%から5%ほどですが、2社間取引は6%から40%ほどとなっています。

多少手数料が高くてもよいので、クライアントに知られず素早く資金調達をしたい場合には2社間取引がおすすめです。

クライアントに知られたり多少時間がかかっても構わないので、なるべく手数料を安くしたい場合には3社間取引を選ぶとよいでしょう。

ファクタリングを詳しく知りたいなら

subpage1

売掛債権の譲渡契約であるファクタリングには現金化までの時間が早く、大口の資金調達も可能でキャッシュフローの改善にも貢献するなど様々なメリットがあります。銀行に融資を申し込むと審査に1か月から2か月ほどかかりますが、ファクタリングならば早ければ即日で現金化できます。...

more

ファクタリングを身に付けよう

subpage2

中小企業の経営者にとって事業を展開していく上では常に一定レベルの現金需要が存在します。従業員の人件費や原材料費・営業費用などが代表的ですが、売り上げがあっても入金されるまでの間に期間が存在します。...

more

ファクタリング関係の真実

subpage3

売り掛け債権を持っている会社の中には、直ぐに現金化することが必要になることも多々あります。契約上の決まり事で商品を顧客先に納品を済ませても、翌月の締め日に支払いをする契約が圧倒的に多いので、商品が売れたからといって直ぐに入金されることではありません。...

more

ファクタリングの身に付けたい知識

subpage4

これからお金を借りようとしている場合には、ファクタリングを利用そのことがおすすめと言えるかもしれません。通常個人で利用するケースは少なく、企業間取引で利用するのが普通です。...

more